エフペシアはシプラ社のプロペシアジェネリックです。

オオサカ堂のエフペシア

オオサカ堂の評判

 日本人女性の毛髪は、髪が薄いと悩む人でも男性に比べて直径が太く、成長期にある毛髪の割合も高いことが資生堂第一リサーチセンターの田島正裕主任研究員らの調査で分かった。
 毛根は平均5〜6年の成長期の後に数カ月の休止期に入り、再び成長期に入る。このため、一つの毛根から生えている毛は休止期に入ってしばらくするといったん抜け、成長期に再び新しく伸びてくる。年齢が高くなるほど休止期が長くなるため、全体として毛髪が少なくなる。
 田島さんらは、薄毛を気にしている20〜60代の女性120人と、毛髪の悩みのない20〜50代の男性96人を対象に、頭頂部から30本の毛髪を抜いて、直径と、成長期の毛根から生えているものかどうかを調べた。
 海外の文献では男性の毛髪の方が女性よりも太いとされていたが、調査結果では、毛髪の直径は男性の平均が0・08ミリ、女性の平均は0・09ミリで、女性の毛髪の方が太いことが分かった。
 また、女性は成長期にある毛髪の比率も高く、20代で95%、60代でも90%近かったが、男性では20代でも70%余りと女性に比べてかなり低く、加齢とともに比率が急速に低下していくことが明らかになった。
 田島さんは「かつて30代から40代の女性1000人を対象に調べた際、毛髪の細り、抜け毛などの悩みがある人が75%もいた。しかし、今回の調査で、女性の毛髪の細りや脱毛は男性ほど顕著ではないことが分かった」と話している。【松村由利子】
毎日新聞

エフペシアはフィンペシアと同じシプラ社のジェネリックですが、キノリンイエローが配合されていません。

エフペシア

シプラ社

プロペシア

ジェネリック

医薬品個人輸入サイト

エフペシアジェネリック

エフペシア

シプラ社2

フィンカー

ミノキシジル

フィナバルド

オオサカ堂